インフルエンザにかからない




今日インフルエンザにかからないようにする方法について、非常に良い情報をゲットしたので書きます☆

自慢じゃないですが、僕はインフルエンザにめっちゃかかります。

小学校の時にはインフルエンザで入院したほどです( ・´ー・`)ドヤ

でもこの冬は対策をゲットしたので大丈夫!...なはず



インフルエンザにかからないようにするためには

インフルエンザに限らずですが病気にかかりやすい人の問題は免疫力の低さ。

免疫力と言ってもあまりピンとこないと思いますが、免疫細胞ってこんなやつでウイルスなんかの病原菌を包み込んで食べるんです。

今日テレビでその様子を見たんですが、ウイルスが綺麗な丸型だったのに対して免疫細胞がどろどろのアメーバみたいだったから、むしろ免疫細胞が悪者みたいに見えたw

でも僕らの身体を守るために頑張ってくれる凄い存在なので感謝です☆

そんな免疫細胞にはどうやら、一つの病原菌しか食べないようなちょっと弱い免疫細胞くんと、一気に複数の病原体をめっさ食べるムキムキ免疫細胞くんといるみたいなんですよね。

芸人の土田晃之さんが、これを聞いて「体内にジャイアント白田がいるってこと?!」って言ってたのが面白かったw

さて、インフルエンザにかからないようにするためには免疫力を高めなければいけないわけですが、どうやったら免疫力を高めることができるのか...

それは...

免疫力を高める冬の食材

免疫力を高める冬の食材が蓮根(レンコン)です。

免疫ビタミンとも呼ばれるらしいLPS(リポポリサッカライド)がかなり豊富に含まれているのがレンコンだそうで、

これを10日間毎日食べると強いほうの免疫細胞ジャイアント白田くんがめちゃくちゃ増えるんです。

今日見たテレビ番組「ジョブチューン」では、この強力な方の免疫細胞が免疫細胞全体で1%もなかった人たちで実験した結果、

レンコンを10日毎日食べたら白田くんを20%前後まで増やすことに成功!

レンコンの皮と節は捨てない

このLPS(リポポリサッカライド)という成分はレンコンの皮と節(ふし)の部分に沢山含まれるようなので捨てずに料理をしたほうがいいらしいです。

節って言うのはこの部分

レンコンって元々はぷりぷりっとしたものがいくつも繋がってるので節があるんですね。

スーパーで売ってるときは節が取られていることが良くあるので、節をとる前のレンコンを買いたい旨をスーパーの売り場の人に伝えると購入できるかもと言っていましたー☆

レンコンを使った料理レシピ

さて、10日間毎日、いやむしろ10日と言わず冬の間ずっと食べ続けていたくなってしまったころかと思います。

そこで困るのが、毎日どうやって料理するベーということ。

ふふふ。そんな時はここを参考にしてみてください。

レンコンを使った料理レシピ

毎日手を変え品を変え、レンコンをむさぼり食ってやろうじゃないですかΨ(`▽´)Ψ

あっ、180℃で揚げたりするとLPSの成分が壊れてしまうらしいので、揚げ物は避けましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?インフルエンザにかかりやすい人には参考になったのではないでしょうか♪

今年は南半球のオーストラリアで例年よりも多くインフルエンザで大変な目にあった方が出たそうです。(日本が夏の時にオーストラリアは冬)

ただでさえ体が弱く病気がちな自分はレンコンを毎日食べ続けることを心に誓いました!

皆さんも無事にこの寒い冬を乗り切ってくださいね☆