フィリピン チノイ 消滅?




フィリピンにはチノイと呼ばれる人たちがいます。

Chinese Filipino(チャイニーズ・フィリピーノ)のことなのですが、 なぜチノイなのかと言うと多分普通のフィリピーノをピノイと呼ぶことから来ているのでしょう。

そんなチノイが消滅?というと、そんなわけはないとフィリピンを知っている人なら思うでしょう。

フィリピンにいるお金持ちは大抵チノイで、中国人(華僑)に支配されているようなもの(笑)

それではチノイの何が消滅なのかというと、アソシエーションと呼ばれるコミュニティーの集まりが消滅するのではないかと心配しています。

マニラの方がどうなっているかは分かりませんが、セブでは「呉(ゴ)アソシエーション」とか「タンアソシエーション」とか「ウイアソシエーション」とかあります。

ゴ・タン・ウイはどれも中国系の名前ですね。

うちはゴ・アソシエーションなのですが、妻や親戚を見ていると中華系の歴史はこの世代で終わる気がする…と本気で思います。

中国人の強い繋がりは絶対残しておいたほうがいいと思うのですけどね。。。