rhetorical volley 意味




英語のニュースを見ていて目についたのがこの単語

rhetorical volley

この単語の意味が非常に分かりづらいんですよね。rhetorical の意味は「修辞的」で、volley の意味は「一斉射撃,斉射」または「(テニスやフットボールなどの ボレー」なのですが、いまいち意味をとりづらい。

修辞的な一斉射撃...(笑)

グーグル翻訳で無理やり日本語に訳すと「修辞ボレー」としか出てきません。これでは意味が分からない(笑)

この表現が含まれていた英文はこちら。

U.S. officials familiar with his planning said he would declare Jerusalem as Israel’s capital, a rhetorical volley that could have its own dangerous consequences.

知り合いのアメリカ人にrhetorical volleyを言い換えたら何になるのか聞いてみたところ、Verbal volleyと言い換えることができるんじゃないかとのことでした。

Volleyに関しては

From what I know of its origins, volley comes from the meaning “to fire back, throw back“. So like in the sport of volleyball, you volley the ball back at your opponents. In this case, it’s not a literal ball, but a rhetorical one.

とのことだったので、Verbal volleyは「言葉の仕返し、言葉の応酬」みたいな意味になりますでしょうか。

Verbal volley以外だと、 “a risky move” とか “a reckless declaration “ なども思い浮かぶそうですが、ニュース記事を見てからだからちょっと先入観あり気かもしれないと言っていました。

無理に日本語に訳そうとすると上手く訳せないものってありますよね。英語だと何となくこんな感じかなーと理解できるのであれば無理に日本語を考えずに、それを英語で言い換えれたらOKだと思いますが、通訳・翻訳など訳すことが必須の場合には大変難しいですね。

僕は最終的に、 Exchanging of offensive statements (攻撃的な声明の交換・応酬)と言い換えることもできるよね?と質問して、このように理解しましたが、もっといい訳があれば是非知りたいですね☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする