延期された結婚式




今日とても感動的なニュースを見ました。

8年間もの間延期された結婚式のお話を。(正確には延期っていうか8年越しの結婚式)

これアンビリバボーでも放送されたっぽいコメントがありましたので多分知ってる人も多いかな?



抗NMDA受容体脳炎

岡山県和気町にお住まいの中原麻衣さんと中原尚志さんのお話なのですが、

8年前、お二人が結婚する直前の2ヶ月前に事件が起こりました。麻衣さんが原因不明の病気で倒れ、昏睡状態にまでなったりしたそうです。

のちに病名が分かり「抗NMDA受容体脳炎」と診断されました。

この病気について調べてみると、なんとあの映画「エクソシスト」でモデルとなった悪魔に憑かれたとされた子供も実はこの病気だったのではないかと言われているらしい。。。

昔は悪魔祓いがされる対象だったほどの未知の病気だったということですね(;・∀・)

今は治療もできるようですが、体中の痙攣だとか記憶の喪失だとかがあるようで、今回の麻衣さんも旦那さんの(当時は結婚前だけど)ことを覚えていなかったそうです...

8年越しの結婚式

旦那様の尚志さんは、麻衣さんが昏睡状態の時でも「絶対目を覚ます」と待ち続け、昏睡から覚めて自分のことを完全に忘れていても寄り添い続けました。

この病気は自らの免疫機能が間違えて自分の脳を攻撃するらしく、かなり記憶の喪失が発生するようですね。

困難を乗り越えて、麻衣さんはやっと尚志さんのことを思い出し、リハビリによって体も回復したことでやっと8年前にするはずだった結婚式を行ったそうです。

8年越しの結婚式。家族の方もさぞ込み上げる思いがあったでしょうね。

自分なら待ち続けられるか

もしこんなことが自分にも起きたならどうする?

こういったニュースを聞くと考えちゃいますよね。しかも、自分たちに起きたって全然不思議じゃないし。この病気だけじゃないけど、皆元気だった人が突然こうなるものだから。

もしうちの奥さんがこうなったら...

「うん、待てる。自分も同じように待つ」

そうすぐに思えた自分がちょっとだけ誇らしい一日でした。

(いや、実際はどうなるんでしょうね。でも待てる気がするなぁ)

というか...

それだけ普段から迷惑かけてるのと、助けてもらってるからそう思えるんでしょうけどw

まとめ

いやー、こんな素晴らしい夫婦になりたいものですね。

結婚式と言えば、うちは大した結婚式をしておらず...

セブ側で結婚の儀式はしたものの僕の側からは誰も出席せず、奥さんの親戚だけを集めたので。(フィリピンでは結婚するために儀式をするのが必須。書類だけでは結婚が成立しない)

今思い返せばなんと中途半端な結婚式だ。。。(中途半端野郎の僕の人生を如実に表している...orz)

うちの両親には当時「日本でもう一度結婚式するからさ」なんていって、やるやる詐欺をしてしまい。。。いや、当時は本当にやるつもりだったけど...

最近は超格安で結婚式を開くことができるらしいから、いつかそんなのするのもありかもですね~。

なにはともあれ、今後も夫婦仲良くやっていきたいものです☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする