フィリピン 出国税




こんにちわ。先日、言語交換パートナーのアメリカ人Markから「お前と話していると何故か風邪をひく」と言われた哲夫です。(どういうこと?!そんなこと言われてもw)

どうやら、このブログに来てくれる方で「フィリピン 出国税」という検索をしている方がいらっしゃるようで、

よくよく考えたら

これはフィリピン留学してる人とか結構皆知りたい情報なんですよね。

一応以前書いた記事でフィリピンと日本の出国税のお話というのがあるんですが、これはどちらかというとうちの嫁(フィリピン人)について書いたものだったので、

フィリピンにいる日本人の方向けの情報を書いてみることにします(・∀・)b




以前も書いたように、この出国税は、フィリピン政府が「海外旅行できるようなお金持ちからは税金とっちゃうぞい(ΦωΦ)フフフフフ」という目的で作ったもので

基本的にはフィリピン人に課せられる税金なんですよね。

英語ではトラベルタックス(旅行税)と呼ばれるんですが、フィリピン人は出国すると問答無用で取られるので出国税と呼んでよいかと思います。

OFWと呼ばれる海外出稼ぎ労働者的なフィリピン人たちは優遇されていて、一時帰国しても出国時にこの税金を免除されて払わなくていいんです。

まぁ一時帰国して短期滞在しただけでまた出国税取られるのとかたまらんですから、理にかなっているといえばそうです。(うちの嫁は駄目でしたが)




日本人がフィリピンの出国税を払うケース

そんな出国税ですが、

実は日本人も払わなければいけない時があるんです。

それが以下の条件のどちらか1つに当てはまるとき...

①結婚ビザ/配偶者ビザなどの移住ビザを持っている場合
②ビザの種類関係なしに、フィリピンに一年以上滞在した場合

どちらか片方ですので、①の場合には1年とかの期間は関係なく徴収されます。

肝心な料金ですが、1,620ペソとそこそこします。

自分はエコノミーしか乗らないので知りませんでしたが、どうやらファーストクラスに乗るともっと取られるらしいです。。。あっ、あと子供は半額。

自分も何回かは払ったことありますが、僕の場合は1年経ってなければ払わなくていいけど、嫁はちょっと海外旅行しようとすると毎回この税金取られるので厄介。

実は僕は結婚ビザと呼ばれる13Aビザを取得してないのですが、それはこういった理由から。13Aビザ取ると、フィリピン人として扱われる場面が多くなるんですよね(;^ω^)

35歳以上の人である程度お金がある人は、仮に結婚しててもSRRVとかPRA永住権とか呼ばれる「リタイアメントビザ」にしたほうがいいのではと思いますね。




出国税以外に空港でかかる費用

ついでに触れておくと、

フィリピンでは出国時にTERMINAL FEE(ターミナルフィー)、いわゆる空港使用料(または空港利用税)を払わなければいけません。

まぁ日本の空港を利用した場合でも、実は航空券の代金と一緒に払っているので結局どこでも払う必要はあるんですが、目に見える出費だから精神的ダメージがw

料金は、主要な空港の以下2つでは

国際線(セブ):750ペソ

国際線(マニラ):550ペソ

となります。セブからマニラへ行く際には、セブ空港で200ペソを国内線使用料として払うう必要があります。

ところで、マニラを出国時には空港でこの支払をしなくていいという噂も聞いたので、調べてみました。

ちょっとセブパシフィック航空のウェブサイトにあった記載を参考に載せておきます。

国際線施設使用料(IPSC)

ターミナル料金はマニラを除き、空港でお支払いいただきます。

マニラをご出発のお客様、マニラを経由して乗り継ぎ地へご出発になるお客様は、ターミナル料金が航空券のご予約料金に既に含まれております。

国内線施設使用料(DPSC)

ターミナル料金はクラークを除き、ご予約料金に既に含まれております。

クラークをご出発のお客様、クラークを経由して乗り継ぎ地へご出発になるお客様は、ターミナル料金を空港にてお支払いください。

次のお客様はターミナル料金のお支払いが免除されます:

幼児(ご旅行時に2歳未満の幼児)

マニラ、セブ、カティクラン(ボラカイ)を除く、フィリピン国内の空港でお乗り継ぎのお客様

引用元URL:https://www.cebupacificair.com/ja-jp/pages/plan-trip/travel-reminders/travel-tax-and-terminal-fee

とのことでした(=゚ω゚)ノ

残念ながらフィリピンの情報は信頼性が少し低い(担当する人によって違うこと言ったりするしw)ので、常に確認は必要です(苦笑)

実際多くの人がマニラでは空港使用料(空港税)を払わなかったということなので大丈夫のようですが、普段マニラに慣れている人はセブで現金を用意するのを忘れないように気を付けてくださいね☆




まとめ

フィリピンを出国する際には毎回払わなければいけない悪名高き(?)出国税。

なるべく回避したいものですよね。とりあえず大抵の人は1年滞在してなければ心配しなくて大丈夫ですね。

ただし、6ヶ月以上~1年未満の滞在の方は出国税は心配しなくてもいいですが、出国許可証であるECC(Emigration Clearance Certificate)がないと飛行機に乗せてもらえないので気を付けましょうね。

僕の知り合いのイギリス人でECCの取得を忘れてて、どれだけごねても結局乗せてもらえなかった実例があるので、これを忘れると帰れなくなりますw

そういえば留学生でも乗れなくて飛行機チケットを買いなおした子を見たことあるw

冗談抜きで青ざめますので確認と準備は念入りにしておきましょう♪

~フィリピン留学後に役立ちそうな情報~

英語のリスニング能力を劇的に高める無料サンプル


リスニング教材スーパーエルマーで「ネイティブ思考法」が身に付きTOEICリスニング満点獲得

職場環境の良いところで働きたい看護師のための転職情報


看護のお仕事

フリーターからでも優良企業に就職できる


フリーター就職・既卒就職なら[JAIC(ジェイック)]説明会申込

外資系で働きたい人・管理職クラスのハイクラス求人をお探しの人


外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする